「知覚過敏」とは、正式には「象牙質知覚過敏症」と呼ばれます。
冷たいものを飲んだり、冬に水道水で口をゆすいだら歯がしみるといった症状のことを指します。

原因は?

  1. ハブラシの圧が強すぎて歯の根っこがすり減っている
  2. 歯周病で歯ぐきが下がった
  3. 歯が折れた、ヒビが入った

が挙げられます。虫歯の時もしみますが、歯に穴が開いたりして明らかに分かりますね。

予防するには

刺激になるような冬場の冷水で口をゆすぐことを極力避けてください。また、研磨剤の入った歯みがき粉(スーパーやドラッグストアで購入するような歯みがき粉)はなるべく使用量を少なくしてください。そして、硬い歯ブラシの場合は普通の硬さの歯ブラシに変更し、しみるところはなるべくやさしくハミガキしてください。

治療方法

①薬剤により症状をやわらげる
②薬剤などを使用して歯の神経に影響する組織液を固める
③すり減った歯の根もとをプラスチックやセメントといった歯医者さんの材料で封をする
などの治療法を行います。

ただし、知覚過敏症の原因はさまざまであり、特定できない場合もあります。