咬めない子には

するめなどの固い食べ物を与えて咀しゃく回数を多くして顎を鍛えるよりも、リンゴを使って一口量のかじり取って食べることと、食べ物(音のする歯ごたえのあるようなもの)の塊を奥歯(お子さまであれば乳歯D)ですりつぶす感覚をとらえるようにする。