入れ歯は増歯できます

入れ歯は歯を抜いたところを修理して使うことができます。増歯修理と呼びます。
上の写真は、本来はご自分の歯が残っていた部分入れ歯を、ご自分の歯を抜歯し、そのなくなった歯のところに人工歯(入れ歯の歯)を付け加えて使用することができます。
追加で修理するのでレジン(ピンク色のプラスチック)の色が少し異なってしまいます。増歯修理すると継ぎ足しをしていくので、色の具合が周囲と異なりこのようになります。

この症例は、自費の入れ歯になりますが、保険の入れ歯でも同様に増歯修理します。歯を抜いたところは顎提といって、落ち着くまでに約1か月から半年くらいかかります。厳密に言うと半年くらいかかります。顎堤が落ち着くと入れ歯との間に隙間ができますので、今まで使用していた入れ歯を再度修理(裏層修理)するか、あるいは新しく作ることをお勧めいたします。