「ノンシュガーだから虫歯にならない」は間違い

「ノンシュガー」の定義は、100gの食品に含まれる単糖類(ブドウ糖、果糖など)・二糖類(砂糖、乳糖、麦芽糖など)の糖類が0.5g未満のものです。したがって、実際の食品や飲料中に糖類が「完全にゼロ」ではない場合があります。
ただ糖類以外の甘味料(キシリトールやステビアなど)を含んでいる場合もあるため、「甘い」場合もあります。
「ノンシュガー」=「シュガーレス」=「糖類ゼロ」=「無糖」です。

参考までに、「糖類ゼロ」と「糖質ゼロ」は厳密には異なる定義であり、「糖類ゼロ」より「糖質ゼロ」の方がより厳しい基準となっています。
(食品表示法より)

したがって、ノンシュガーと記載されていても果糖や砂糖が入っていると虫歯になりますので、気をつけましょうね。

消費者庁 食品表示法等
食品表示基準 別表第9条
(2020年5月更新)