歯間ブラシの使い方ポイント

何度も口腔ケアグッズの説明をします。もう知っているよ、とおっしゃられそうですが、それでも歯ブラシ以外の口腔ケアグッズでハミガキすることを習慣にしてほしいのでしつこくご説明いたします。

L字型が操作性がよい

ストレート型とL字型では操作性が違うので注意しましょう。L字型が操作性がよいのでおススメです。歯間ブラシのブラシ部分の根本までぐいっと挿入します。角度に注意しないと曲がってしまって歯間部にしっかり挿入できなくなります。

選択するサイズ

歯間ブラシはデンタルフロスと異なり歯ブラシの一種です。ブラシなので、ブラシの「毛先」で歯の汚れを取り除きます。したがって、選択するサイズは、歯の歯の間の三角形のスペースよりも少し小さめのものを選んでいただくのがおススメです(煙突掃除の原理と同様で、スカスカ過ぎず、かと言ってきつすぎでないサイズの選択が重要です。
スカスカすぎると、歯間ブラシの毛先のブラシを歯の面にしっかり当たらないため非効率で、汚れが歯面に残るので不潔になります。反対に、きつすぎると歯間ブラシが根本まで挿入できず、きれいに清掃できません。

当院のおススメ 口腔ケアグッズです

挿入の方向を変える

歯の面に沿うように可能な限り挿入方向を変えて行います。

ワイヤータイプをなるべく選ぶ

当院では、ワイヤータイプの歯間ブラシをおススメしています。ノンワイヤータイプのものは、プラーク(歯の汚れ)の除去効率がよくない印象です。(つまり、ノンワイヤーの歯間ブラシを使用している方は、歯がよごれている方が多いです。)
しかし、一方で、ワイヤータイプの歯間ブラシだとインプラントなどの金属部分を傷つける、といった理由から、ノンワイヤータイプの歯間ブラシを勧められる歯医者さんもいます。

できれば歯科専売品を選ぶ

可能な限り、歯医者さんで売られている歯間ブラシがおススメです。