下の歯がとんでもないところからはえてきた

よく患者さんのお母さまから質問があります。びっくりされて歯医者に急いで来られる方もいます。
心配ですね。

下顎切歯(1番)の舌側萌出について

A脱落前の1番の舌側萌出

こういう状態で下の前歯が萌出してくる子がいます。
保護者の方は「大丈夫なんだろうか?」と心配になりますね。
結論から申し上げると、ある程度は大丈夫ですが、叢生(ガタガタな歯並び)にならないとは断言できません。

6歳になると、第一大臼歯(6歳臼歯)とともに切歯(下の真ん中の前歯)が萌出してきます。
下あごの前歯(切歯)では、このようにはえてくることもあります。

切歯の歯軸角について

大人の歯とこどもの歯では、上下の前歯のなす角度に違いがあります。
さきほどの1番が舌側から萌えてくるのはこれが関係しています。
こどもの上下の前歯はまっすぐにはえてきますが、おとなの上下の前歯はナナメにはえてきます。なので、下の大人の前歯が、舌側から萌出してくるわけです。
大人の前歯があまりにも舌側のところに位置していると、こどもの歯の根っこのほっぺた側がうまく吸収されず、こどもの歯と大人の歯が混在することがあります。これによって、必ず叢生になるわけではありません。
歯の並ぶ位置とは、くちびるや舌との力の均衡により決まります。

小児歯科学(医歯薬出版)参考