歯医者なのに、左上の奥歯の間から血がでた!

患者さんには、いつも口をすっぱくして「血がでるのはよくないことです」と説明しているのに、私自身も口の中から出血してしまったのです。

色々言い訳は出てきますね。前の日はハミガキをちょっとさぼっていた、とか奥歯は歯間ブラシが入らなくて、、、とか。

私は、だいたい半年毎の頻度で、大先生に口の中をチェックしてもらっています。
診察チェアーにゴロンと横になって口を「アーン」。。。

大先生:「ここにプラークがついてるよ、歯間ブラシちゃんと入れてる?」

指摘されたのは、左下奥歯の間(左下67間)と左上奥歯の間(左上67間)でした。
私はいつもフロスは全箇所にちゃんと入れるのですが、先ほどの指摘された左上の部位には、歯間ブラシはまだ入らないと思っていました。今回の気づきは、自分自身はそこの部位への歯間ブラシの挿入は入らないからしなくていいと思いこんでいたのです。年齢を重ねたため歯と歯の間に歯間ブラシが入る隙間ができていたわけです。今までは入らないと思っていたところに、歯間ブラシを(最初は)無理矢理入れてみたのです。すると、入る!でもちょっと痛いし、血がドバーっとでてきました。ビックリ。大丈夫かしらと思いながら1週間くらい歯間ブラシを入れ続けると出血はなくなり、歯間ブラシの挿入時の痛みもなくなりました。ホッ。

また、 先ほどの指摘された左下の部位には、歯間ブラシはちゃんと入れていましたが、サイズが細すぎたのです。今までは3Sサイズでしたが、結構太いMサイズでちょうどよくなっていました。歯間ブラシを効率悪く使用していたわけです。

結論は、「何もなくても歯医者には歯科健診に行った方がよい」です。

自分で磨けていると思っているその歯みがき方法は実はまだまだ磨けていないのかもしれません。