過剰歯がありました

歯科医院をリニューアルし、院内がピカピカになりました。
レントゲン機器なども再度設置しなおしたり、新しく導入しました。したがって、ちゃんとレントゲン装置が正常に動作できるか、トライアルが必要になりますよね。
そこで、手をあげました。
ハイ!
歯医者まやこの上顎から鼻までの範囲をCT撮影してもらいました。
今まで分からなかった事実が判明しました!
なんと、私には過剰歯があったのです。歯医者なのに過剰歯があることを知らず、また気づかずに生きてきました。
「過剰歯とは、余分な歯という歯科用語になります。たいていの場合、歯医者さんは過剰歯を過剰歯と判別することができます。なぜなら、同じ歯種の他の歯より明らかに小さかったり、明らかに形が異なっていたりするからです。最も多い過剰歯は、上顎(上あご)の正中(真ん中)にでき、正中過剰歯と呼ばれます。他には、上顎の大臼歯2本(6番7番)の間の頬っぺた側にでてきたりします。
過剰歯は、他の歯の正常な萌出を妨げることにより歯並びが悪くなる原因になることが多く、そのような場合には抜歯の対象になります。ほとんどの過剰歯は、正常な歯とは形が異なり、萌出部位が正常歯列から外れるため、ほとんどが抜歯対象となります。過剰歯は口から萌出せずに顎の骨の中に留まっていることもありますが、たとえ萌出しなくても他の歯の根っこに悪影響を与えることもあり、このような場合には抜歯が必要になります。」
以上、歯科医学的な見解を申し上げたうえで、一般的な過剰歯は正常な歯並びに影響する場合が多いので、歯医者としては抜歯をおススメしますが、私自身のこの過剰歯は抜く必要がないと診断するため私は抜きません。